輝く日々のひとりごと

療養中のひとりごとの題は変更しました。毎日輝かせて生活していきます。

Entries

カミカミ健康学

食事中によくかんで食べるようにしています。

「ひとくち30回かむ」は100年前に言われたそうです。

イギリスのグッラドストーン首相はインタビューで,
「85歳で元気なのは,ひとくち食べるごとに歯の数32回かむようにしています。」
と答えました。

それを受けて,アメリカの実業家フレッチャーさんが30回にして広めました。

彼は立派な家に5人のコックさんを雇い,世界中のごちそうを食べていたら太りました。

健康を取り戻すために「カミカミ健康法」を実践したのです。

お腹が空いてから食べる。

食べ物はドロドロになるまでかむ。

腹八分目に食べる。

食事の時なるべく水分はとらない。


日本でも50年前に研究されたそうです。

Aクラスは虫歯を治す,うがいをする,姿勢よく,間食しない,よくかんで食べるように指導しました。

Bクラスは何も指導しませんでした。

結果はBクラスよりAクラスは成長がよく,学力が伸び,疲れにくく,病気になりにくい体になったそうです。

「しいのみ学園」の曻地三郎先生は107歳でもお元気でした。

お母さんが100年前のフレッチャーさんの講演を聞いてカミカミ健康法を教えたそうです。

鳥の糞は腸が短いからほとんど消化されないと知っていました。

まさか腸の長い自分もよく消化していなかったなんて驚きです。
参照
「カミカミ健康法」
岡崎 好秀著
少年写真新聞社

スポンサーサイト

Comment

こんばんは 

食べ物をよくかむと太りにくいというのはよく聞きますね。

わたしはあまりかまずに食べるので太っています。
わかっていてもなかなかなおせません(笑)

  • posted by グリーンリーブス 
  • URL 
  • 2015.11/13 19:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

季節の花々

Author:季節の花々
 病気になったのをきっかけに,何気ない日常に感謝しながら,前向きに生きようと決めました。
 どうぞおつきあいください。

リスト


最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター