FC2ブログ

輝く日々のひとりごと

療養中のひとりごとの題は変更しました。毎日輝かせて生活していきます。

Entries

先生と子ども達の目

 今日は琴の演奏をするため,中学校に行って来ました。
 お招きいただいて感謝です。

 少し早めに行って,お茶をご馳走になり,教頭先生と陸上の顧問の先生とお話もできました。
 私は日頃お世話になっているお礼をきちんと伝えることができました。

 帰って来て,ふと気づきました
「私は子ども達の目が好きなのだ。」
 私が演奏する5分間,子ども達は私に注目して,黙って聞いてくれました。
 
「先生と乞食は3日やったら辞められない。」
と,言われます。
 この言葉に納得がいきました。

 新-IMG_0334

 教員を辞めたいと思ったことは何度もあります。
 チャンスは年に1度の3月です。
 そのタイミングを逃して,だましだまし続けてきました。

「お母さんが仕事を辞めたらうるさいから,辞めないで。」
と,子どもに言われたこともあります。
 これは夏休みの宿題に口出し,手出ししていたからです。

 今日,先生の授業する姿を見て,改めて,
「先生ってすごいな。」
と思いました。
(最近,授業参観していません。)
 先生の指示で,子ども達の目が一斉に集まります。

 私も4月から無事復帰できるでしょうか。
 必ず,復帰したいと思いました。

 そして,誰かが私に,
「先生やっていてすごいね。」
と言ってくれたら,胸を張って言いたいセリフがあります。

「子ども達の目が好きだから,この仕事を続けている。」  

 
  
スポンサーサイト



Comment

らいちょうさま 

 コメントありがとうございます。
 子どもの可能性は無限大です。
 何かのきっかけに役に立てたらうれしいと思います。

 それでも,しばらくして会うと変わっていて誰か分からないことが多いです。
 先生はほとんど変わらないので,すぐ分かりますよね。
 恩師に会って声をかけた時,覚えてなくてがっかりしたことがあります。
 今はその先生の気持ちが分かります。
  • posted by 季節の花々 
  • URL 
  • 2010.12/18 18:32分 
  • [Edit]

No title 

先生って、子供にとってすごく大きな存在
何かの影響を受けた先生は、いつまでも覚えていますね^^

特に、小学生くらいの子は色んなものを吸収するので、
良いものをいっぱい吸収して育って欲しいです
  • posted by らいちょう 
  • URL 
  • 2010.12/18 14:41分 
  • [Edit]

ka・renさま 

 コメントありがとうございます。
 大人になっても純粋で真剣な眼差しをもたなくてはいけませんね。
 私も生涯学習に賛成です。
 でも,記憶力に自信がなくなってきました。
 気持ちだけでも大丈夫でしょうか。
  • posted by 季節の花々 
  • URL 
  • 2010.12/18 11:50分 
  • [Edit]

季節の花々さま 

先に生きている人は、みんな「先生」
だから学生じゃなくなっても、年上の方は敬わなくっちゃ!
学生の頃は教えてもらえる受身スタイルだけど、
大人になったら自分から学ぶ能動スタイルにならないと
成長はストップするってka・renは思っています。
飽くなき向上心はいつまでも持ち続けていたいka・renです。
  • posted by ka・ren 
  • URL 
  • 2010.12/18 02:24分 
  • [Edit]

クーリエさま 

 コメントありがとうございます。
 子ども達は親から,
「先生の話をよく聞きなさい。」
と言われているので,一生懸命先生に注目します。
 純粋です。
 
  • posted by 季節の花々 
  • URL 
  • 2010.12/17 17:52分 
  • [Edit]

No title 

教師・・・憧れましたよ。

大学入って早々に諦めましたけど。

気付いたら宝石屋でした(笑

子供たちの生き生きとした目つきは良いですよね。

  • posted by クーリエ 
  • URL 
  • 2010.12/17 14:30分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

季節の花々

Author:季節の花々
 病気になったのをきっかけに,何気ない日常に感謝しながら,前向きに生きようと決めました。
 どうぞおつきあいください。

リスト


最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター