輝く日々のひとりごと

療養中のひとりごとの題は変更しました。毎日輝かせて生活していきます。

Entries

正義の味方

 先週末のことです。
 いつものように,放課後1・2年生をバス停まで送って行きました。

 途中で,1年生の男の子がねこじゃらしを見つけて,遊んでいました。
 私にもくすぐってきて,ちょっかいを出してきました。

 すると,いきなり我がクラスのYさんのが男の子をパンチしました。

「だって,季節の花々先生にいじわるしたんだもん。」
と,言い訳しました。

「先生のことを考えてくれてうれしいけど,先生は大丈夫。どんな時も暴力はいけないよ。言葉ではっきり言ってね。」
と,言いながら正義の味方だと思いました。

 昔,家の子達が保育園に通っていた時,長男が怪我しました。
 包帯を巻いている長男を見て,友達が笑いました。すると,次男が,
「にいちゃんを笑うんじゃない。ぼくのにいちゃんなんだから。」
と,かばったことを思い出しました。
 正義の味方ってほのぼのします。

 先週,学級壁新聞が30号になりました。
 Yさんは,20号の時,自分達の壁新聞「今週のニュース」の記事にしてくれました。

「先生,「季節の花々」が30号の時にまた,ぼくがお祝いの記事を書きます。」
と,言ってくれたので,来週は記事を書いてくれると思います。

 私も,Yさんの「正義の味方」を記事にしたいけれど,暴力の記事は書けません。
 代わりに,お祝いの記事を書いてくれたことを書きます。

 ありがとうの見出しです。

 
 
スポンサーサイト

Comment

mokaさま 

 こんにちは。
 コメントありがとうございます。
 気分を改めてタイトルとテンプレートを変えました。
 女の子は確かに強いですね。
 この前の運動会のダンスで,女の子が,
「踊り方がかわいい。」
と男の子に言っていました。
 お騒がせしましたが,その後腹痛は治まりました。
 mokaさんも薬を服用しないで済んでよかったですね。
 こちらこそ,いつもお気遣いありがとうございます。
  • posted by 季節の花々 
  • URL 
  • 2011.09/19 14:32分 
  • [Edit]

NoTitle 

おはようございます(^^)

わぁ♪テンプレートとタイトルが変わってる(*^^*)
とってもステキですネ!
気持ちもまた、変わりますよね。

小学生だと、男子くんより女の子の方が強いのは
昔からでしょうか(笑)
まぁ、暴力はダメですけど、女の子の理由が可愛いですねぇ♪

激痛だったのはその後、大丈夫ですか?
私は腸閉塞の一歩手前で救急車で運ばれたことが
あります。でも、何にしても前兆はありますから・・
お忙しい中でも、お体大事にされていて下さいネ。
  • posted by moka 
  • URL 
  • 2011.09/19 09:06分 
  • [Edit]

あっぷる5さま 

 コメントありがとうございます。
 Yさんはとても個性的な子です。
 そして,今の小学校はとても優しい子が多いです。
 地域によって,雰囲気が違うので,この学校勤務中に療休をとれたことは不幸中の幸いかもしれません。
  • posted by 季節の花々 
  • URL 
  • 2011.09/19 04:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

ちょっかいを出した子も悪気はなかったのでしょうけれど、Yさんにとっては「先生をいじめてる」という風に見えたのでしょうね。
なんとも頼もしい教え子さんですね。
この優しい心をいつまでも持ち続けてもらいたいですね。
  • posted by あっぷる5 
  • URL 
  • 2011.09/18 20:34分 
  • [Edit]

グリーンリーブスさま 

 いつもコメントありがとうございます。
 子ども達は素直に担任の先生を慕ってきます。
 そして,担任が替わると,また新しい担任が1番になるのです。
 それでいいと思います。だから,1年間精一杯愛情を注げます。
  • posted by 季節の花々 
  • URL 
  • 2011.09/18 15:46分 
  • [Edit]

こんにちは 

子供たちの正義の味方頼もしいですね。
でも暴力はいけませんと教えるしかありませんね。

みんな生徒さんは季節の花々先生が大好きなんだなぁとよくわかりました
可愛いですね~
  • posted by グリーンリーブス 
  • URL 
  • 2011.09/18 12:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

季節の花々

Author:季節の花々
 病気になったのをきっかけに,何気ない日常に感謝しながら,前向きに生きようと決めました。
 どうぞおつきあいください。

リスト


最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター