輝く日々のひとりごと

療養中のひとりごとの題は変更しました。毎日輝かせて生活していきます。

Entries

冷静な判断

 5日前,友達とランチしました。
 前回はドタキャンだったので,期待しないで待っていました。
 
 当日,彼女は時間通りに来ましたが,話が期待はずれになりました。

「非浸潤がんは浸潤がんと違って転移しないから,手術する必要はなかった。」
と,言う話に私は耳を疑いました
 それが胸をえぐられる手術をした私に言う話でしょうか。

 確かに,彼女は私と同じ時期に医者から手術を勧められたのに,拒否して独自の治療で治しました。

 ここで,私は冷静な判断をしました。
 私が乳がんの検査を受ける前に,彼女から電話ありました。

「絶対抗がん剤治療はしないで。」
「まだ,検査もしてないし結果も出てないから,そんなこと言われても分からない。」


 あまりにもしつこいので,
「どうせ,私のことをペラペラと言いふらすんでしょう。」
と,自分自身でペラペラと言いふらしているのを棚に上げて,きつく言うと,彼女は泣き出してしまいました
 
 だから,私は気を遣いました
 また泣かしてはいけないと思いました。

「だって,私は自分で治療法を選んだの。後悔はしていない。」
 これだけは言いました。

 今日,医療の進歩で早期発見ができるようになり,細かい検査で分かることが増えました。
 非浸潤がんは0期のがんで,外資系の生命保険ではがんと認めないそうです。
 それでも,手術しない人体実験は倫理に反するため,採用されていません。

 私はとっさに冷静な判断ができました。
  

 
スポンサーサイト

Comment

ジムシータさま 

 コメントありがとうございます。
 しばらく心に残っていて辛かったです。
 人それぞれ言われたくない領域があると思います。
「私は子どもがいるから,手術をする。」
と,言ったので,子どものいない彼女は傷ついたかもしれません。
 心穏やかに過ごします。
  • posted by 季節の花々 
  • URL 
  • 2011.08/28 05:10分 
  • [Edit]

グリーンリーブスさま 

 コメントありがとうございます。
 人から何と言われようと,それを受け止めて選ぶという最近のテクが生かされました。
 おかげさまで,ブログに書くことで発散になりました。
  • posted by 季節の花々 
  • URL 
  • 2011.08/28 05:06分 
  • [Edit]

No title 

これは、きついですね。
お辛かったと思います。

でもそれぞれが決めたことです。

この言葉にとらわれず、穏やかにお過ごしください。
  • posted by ジムシータ 
  • URL 
  • 2011.08/27 23:05分 
  • [Edit]

こんばんは 

お友達と病気に対する考え方が違うのですね。いろいろな考え方の人がいるのは仕方ないですよね

でも季節の花々さんは手術をして良くなられたのですから自信を持って下さい。
お友達の言葉がストレスにならないように、何かで発散させて下さいね
  • posted by グリーンリーブス 
  • URL 
  • 2011.08/27 20:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

季節の花々

Author:季節の花々
 病気になったのをきっかけに,何気ない日常に感謝しながら,前向きに生きようと決めました。
 どうぞおつきあいください。

リスト


最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター