FC2ブログ

輝く日々のひとりごと

療養中のひとりごとの題は変更しました。毎日輝かせて生活していきます。

Entries

術後1年

 卵巣のう腫の手術をして1年になりました。
 去年の今頃は,お小水の管を付けて寝たきりでした
 乳がんの手術はすぐに歩けたので,1年前の方が大変でした。

 今月産婦人科に受診しようと思っていましたが,このご時勢なので行かないことにしました。

「内膜症があるので,半年後に受診してください。」
と言われて,半年後に病院に行きました。すると,
「何しに来たの?」
と先生に言われました。

 診察,手術,説明する医師が3人いて,言うことがバラバラです。
 診察の先生は,カルテを読むのが面倒みたいで,
「どんな治療をしたんだっけ?」 
 患者の私に聞いたので,説明しなければなりませんでした。

「もう1度呼びますから、中待合室で待ってください。」
 ずっと待ち続けていました。
 診察時間が終わる頃,病院内が静かになり,受付で私の名前を呼ぶ声が聞こえました。

「ずっと呼んでいましたよ。」
「私は診察に呼ばれるのを待っているのです。」


 看護士さんは,先生が帰ってしまったことを告げました。
「他の先生に頼みました。」
と言われても,私はが出てしまいました。

 こんな思いをしたから行きたくなく,ちょうど理由ができたので,行かないと決めました。

 私はちょっとしたことでもすぐ病院に行っていました。

 今は病院が嫌いな人の気持ちが分かります。
スポンサーサイト



Comment

verryさま 

 コメントありがとうございます。
 その医師はかなりのお年です。院長に定年はないのです。
 病院選びは難しいです。
 私の乳がんが分かったのは,ある意味病院選びを間違ったからです。首にコブができた時,耳鼻科に行っていれば,大丈夫で終わりました。
  • posted by 季節の花々 
  • URL 
  • 2011.03/30 08:14分 
  • [Edit]

No title 

何の為に医者になったのでしょう 要りませんね!
患者が医者を選んでもよいのでは・・・

季節の花々さん ちょっとしたことでもすぐ病院に行っていましたと・・・普通ですよ!
  • posted by ★verry★ 
  • URL 
  • 2011.03/29 20:57分 
  • [Edit]

クーリエさま 

 コメントありがとうございます。
 専門家で,医者が総合的に患者を看ることが大切だと言っている人もいます。
 その意見が浸透することを願っています。
  • posted by 季節の花々 
  • URL 
  • 2011.03/28 16:20分 
  • [Edit]

No title 

手術をするだけでも重大な事なのに、その後のケアに対して怠慢な医者に当たると本当に気分を害します。

人の心のケアを出来ない医者・・・要りませんね。

全ての医者がそうでないとしても、職業として毎日、同じ事が繰り返されると人の気持ちが読めなくなるのかも知れません。

以前、医者の友人に病院・医者への不満を言ったら『お前みたいな患者ばかりだと医者はやってられない』と言われた事があります。

お互いの立場ばかり主張する事も解決策にはならない事は解りますが、医者と患者の立場・精神的な違いも含めて今のままではいけないと思います。

困ったら医者へ行く事は仕方ないとして日ごろの鍛錬だけでも人の身体は強くなると思います。
  • posted by Jc-Courier 
  • URL 
  • 2011.03/28 13:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

季節の花々

Author:季節の花々
 病気になったのをきっかけに,何気ない日常に感謝しながら,前向きに生きようと決めました。
 どうぞおつきあいください。

リスト


最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター