輝く日々のひとりごと

療養中のひとりごとの題は変更しました。毎日輝かせて生活していきます。

Archive [2013年04月 ] 記事一覧

忌引き

 今日は忌引きで休みをもらい,おじの告別式へ行って来ました。 隣りの県なので,片道2時間以上かかります。「遠いところを来てくれてありがとうございます。」と,挨拶するおばと話していたら,急に,「辛いです。」と,おばが泣き出しました。 いつも気丈に振舞うおばの泣き顔を見て,「休みをもらって来てよかった。」と,実感しました。 実はここ数年,おじやおば数人が亡くなっています。 私は職場に内緒で,告別式が休...

藤の花見

 藤の花見に行って来ました。 ちょうど5分咲きで,いい香りに包まれました。 先日,下校指導中,藤の花が咲いているのを見つけました。 藤棚がある場所をチェック済みだったので,あとは一緒に行く人を・・・  手身近に夫を誘ってみました。 すると,散歩も提案され,4kmほど歩いてきました。 無口な夫から藤の話が出ました。「藤の名は天皇家に頼っていた藤原家から付けられた。」 支えられて美しい花が咲くのなら,...

病院の時間

 昨日は病院へ行きました。 総合病院なのに,午後3時の予約です。 待ち時間が惜しいので,ぎりぎりまで時間を潰していました。「先生は急患の対応をしています。どうしますか?」と,言われたので,後日の予約を取り直したいと言いました。 すると,「今,終わりました。これから診察を始めます。待ち時間は1時間くらいです。」 せっかく来たのだから,待つことにしました。 2時間以上もじっと待ちました。 待ちくたびれ...

落ち着かない証拠

 最近は家の掃除をよくやっています。 職場ではあちこちでゴミ集めをしています。 いい調子かと思いきや,それは違うと気づきました。 私が掃除に大きな関心を抱いているのは落ち着かないと言う事です。 慣れた仕事をしていると,掃除はほどほどです。 今年度は慣れない仕事で落ち着かないのです。 いい加減に落ち着いて,掃除をほどほどにします。...

季節の花々タイム復活

 4年前の「季節の花々タイム」を復活させました。 理科の授業で2時間続きのラスト5分,理科に関する話をします。 急な思いつきなので,タイトルを考えていませんでした。 4クラス目は,学習の食いつきが鈍く,「言うの忘れてたけど,授業が早く終われば,季節の花々タイムがあります。」と,途中でお知らせしました。 すると,子ども達はにやりとして,学習の速度を速め,5分前に課題を終わりにしました。 4年前に担任...

返品騒ぎ

 昨日飲んだ通販の青汁で体調不良になりました。 だから,電話しました。「まれに合わない人もいます。返品はできません。」と言われて電話を切りました。 でも,合わない人がいるのに,1箱高いお値段で売りつけるのはおかしいです。 もう1度電話しました。「先ほどの対応は間違いです。明日宅配業者が回収に伺います。」と返品できることになりました。 何だか対応がおかしいですが,私の体調と同じです。 それ以上は黙り...

月曜日の息切れ

 今日から時間割通りの授業が始まりました。 私は5・6年生の理科4クラスと,4年生の算数2クラスの授業に出ます。 1時間目は5年生の理科でした。 授業が終わったら,2時間目は6年生の理科です。 5分間の休み時間しかありません。 B棟の3階から下りて,A棟の3階まで駆け上がりました。 空中廊下がないのです。 理科室に着いた私は息切れしていました。 こんなに大変とは時間割表では気づきませんでした。 改め...

かわいい1年生

 朝と給食の時間に1年生の教室を手伝っています。 1年生はかわいいです。 登校班集会で1年生のKさんが来ました。「担任の先生の名前は?」と,聞くと,「うーん,わかんない。」と,言うので,何度も教えました。「○もと先生でしょう。」 ついでに,私の名前も教えました。 次の給食の準備の時,Kさんに会ったので,また聞きました。「○とも先生。」 半分しか覚えていません。 思わず,笑ってしまいました。 担任でない...

高校入学式

 次男の高校の入学式に行って来ました。 何度も繰り返しますが,中学の入学式には体調不良で行けなかったので,今日行けたことだけで感謝です。 学校長式辞がとても心に沁みるお話でした。 吉田松陰の話は,感動で涙が出ました。 前に座っているお母さん二人も目頭を押さえていました。 でも,その話ははっきりは覚えていません。「自分はどうあるべきか,あるべき姿を模索せよ。」と,いう内容ですが,記憶力が怪しいです。...

私の仕事

 始業式で担任発表がありました。 私は担任はなく,理科専科と算数の少人数担当です。「担任でないのなら,お給料だけもらいに行く。」と,最初はふてくされていました。 でも,今は違います。 昨年、学年主任だったU先生はお別れに,「季節の花々先生がいたから,1年間やってこられた。ありがとう。」と,言ってくれました。 そんなことないと思いながら,私の熱意は伝わったと感じました。 それから,算数のティームティ...

左サイドMenu

プロフィール

季節の花々

Author:季節の花々
 病気になったのをきっかけに,何気ない日常に感謝しながら,前向きに生きようと決めました。
 どうぞおつきあいください。

リスト


最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター